従業員支援プログラム EAP

EAP最新情報


第18回
『部下を育てる、上手な褒め方② ~観察する~』


相手を認める方法の一つは「褒める」こと。
でも「褒めるところがない」「褒めても変わらなかった」という声を耳にします。


なぜでしょうか。


それは相手をよく見て、どんな言葉が必要か熟慮して初めて、褒めることが効果を持つからです。


"結果"だけに着目すると、そう褒めるところは見つからないでしょう。
しかし、普段から相手を観察していると、"過程"を含め「ここは!」というところが必ずあります。
それを美辞麗句ではなく、本気で伝えるのです。


場合によっては「叱る」のも立派な承認でしょう。
そこに「愛(I)」のメッセージがあれば。
「私(I)はあなたのことを考えて」という思いです。
自分の不満解消が入ってはいけません。


~褒めてやらねば人は動かじ~


さて、相手が思わず何かをせずにはいられない、そんな言葉は何でしょうか。


【寄稿】
 あさかストレスケアセンター/臨床心理士 清野俊充

 お問合せは同センター☎024-932-0080
 公式サイト
 http://asaka.cc

法人・従業員とそのご家族の方 従業員支援プログラム EAP
EAP最新情報
EAPとは
プログラム内容
導入事例
導入ステップ
アクセス
資料請求(PDFダウンロード)
Lavoroへのお問い合わせ
  • ストレスチェック義務化対策はおまかせください!
  • こころの発熱? うつ病の症状チェック
  • あさかホスピタル
  • あさかこころクリニック

ページのトップへ