従業員支援プログラム EAP

EAP最新情報

第14回 『管理職が部下を理解する① ~関心を持つ~』

管理職Aさんの面談時、「部下がうつ病になって、診断書を持ってきて休むことになった。このようなことがないように上司として何ができるか知りたい。」最近の管理職業務にはラインケアがあり、部下の心身の健康や環境整備を系統的に取り組むことが必要です。そこでの管理職役割は3つ、

この度の震災・原発事故により被災された皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
一日も早い復興・復旧がなされますことを心からお祈り申し上げます。
 
災害時の心のケアに関する情報を集約いたしました。
従業員の皆さまやそのご家族の心のケアのためご活用いただければ幸いです。
 
【災害を経験された方へ】
大丈夫ですか?こころの健康
回復のためのアドバイス
 
【保護者の皆さまへ】
被災を体験した子どもの心のケアについて
 
【各機関へのリンク、資料のダウンロード】
職場における災害時のこころのケアマニュアル (独立行政法人労働者健康福祉機構)
被災地での健康を守るために (厚生労働省)
・放射線被ばくの健康相談窓口 (放射線総合医学研究所
 
2011/06/15 原発に関する情報を追加いたしました。
 
放射能対策基本情報ポータルサイト (広島大学)
東京電力 福島第一原発関連のニュース(NHKニュース)

当社の契約企業 ゼビオ株式会社様の震災後の社員のメンタルヘルスを守る取組みが紹介されております。

「被災社員と家族に宿泊施設を開放 専門医とカウンセラーを送りこむ」

―省略-福島県郡山市に本社を構え、岩手と宮城、福島の3県で19店舗を展開するゼビオは3月11日から順次、グループの宿泊施設である「清稜山倶楽部」(郡山市)を開放した。福島第一原発の放射能漏れ事故などで避難を余儀なくされた社員やその家族を中心に受け入れている。最大で200人ほどが同施設に身を寄せた。多様な年代の人たちが1つ屋根の下で暮らすとなれば当然、心の負担も大きくなる。放射物質の拡散に対する不安もある。こうした負担を少しでも軽減できるよう、ゼビオはEAPサービスを提供するあさかストレスケアセンターと連携し、清稜山倶楽部に専門医やカウンセラーを送り込んだ。―省略-

第13回 『職場における災害後の心のケア③』

さて、災害後の心のケアも最終回となりました。心理的に大きな衝撃を受ける出来事を経験した後は、心身に何らかの不調が起こること、ただ、ほとんどの方は時間の経過と共に症状は改善します。しかし、数ヶ月経った今も不調がある場合は心配です。今回は「様子が心配な部下への対応のポイント」です。もし、様子が心配な部下がいる時、管理監督者としてどのように対応しますか?

第12回 『職場における災害後の心のケア②』

さて、管理監督者の方は、通常業務を担いながら、部下の様子に目を配り、また、会社としての新たな動きに対応し、大変な数ヶ月をお過ごしではないでしょうか。ご自身の心のケアはできていますか?

ストレス軽減には、同僚や家族、友人などから支援を受ける、ソーシャルサポートが有効だと言われます。近くに愚痴を聞いてくれる人、相談できる人はいますか?このような状況だからこそ、職場、そして家庭での「人と人のつながり」を再発見できるかもしれません。

「つながり」を作るポイントは、日常の中にあります。もっとも簡単な方法は「挨拶」です。「おはよう」「こんにちは」「ありがとう」「おつかれさま」。挨拶+「天気が良いね」「調子はどう?」など。普段、何気なく交わす言葉が人と人の繋がりを作ります。

法人・従業員とそのご家族の方 従業員支援プログラム EAP
EAP最新情報
EAPとは
プログラム内容
導入事例
導入ステップ
アクセス
資料請求(PDFダウンロード)
Lavoroへのお問い合わせ
  • ストレスチェック義務化対策はおまかせください!
  • こころの発熱? うつ病の症状チェック
  • あさかホスピタル
  • あさかこころクリニック

ページのトップへ